このサイトの表記には、プロモーション広告が含まれています。(この表記は令和5年3月28日内閣府告示第19号を受け、消費者庁長官から発出された運用基準に基づき表示されるものです。)

ピルはどこで購入できる?注意点やおすすめのオンラインクリニックを紹介

※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

読者

ピルが欲しいけど、どこで購入できるの?

読者

ピルを即日で購入する方法はある?

低用量ピルを初めて使う場合、ピルをどこで購入できるのかが分からない方も多いのではないでしょうか?

安全にピルを使用するためにも、正しい入手方法や知識は必要不可欠です。

また、低用量ピルの購入方法や手続きについての情報を事前に把握しておくことで、必要な時にスムーズに対応できるようになります。

こちらの記事では、ピルはどこで購入できるのかについて、詳しく解説していきます。

編集部

おすすめのオンラインクリニックに関しても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。
当記事の監修者
川崎駅ふみレディースクリニック院長 村上 文祥
資格:医師婦人科医婦人科腫瘍医
経歴:第48回 日本癌治療学会学術総会 優秀演題賞 受賞
経歴:イシュラン 婦人科がん 2022年度 WARM 30に選出
大学卒業後、婦人科腫瘍を専門として臨床に携わってきました。確かな診断と、丁寧で無駄のない手術を得意としています。約5000件の手術を執刀してきた一方で、対話を最重要視し、患者さんご自身が、安心と納得を得られるよう心がけています。
とくに痛みの少ない子宮体がん検査・コルポスコピー検査(子宮頸がん精密検査)には定評があります。受診してよかった、これからも通いたい、家族や友人にすすめたい、そんなクリニックでありたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
川崎駅ふみレディースクリニック公式ホームページ

ピルはどこで購入できる?

ピル どこで購入できる

さっそく、低用量ピルをどこで購入できるのか見ていきましょう。

自分にとって最適な方法で、ピルを入手してください。

ピルはどこで購入できる?

婦人科

低用量ピルは、婦人科で診察してもらったあと、処方してもらう方法が一般的です。医師と対面し、より安心感を持ってピルを服用したい方に向いています。

診察の結果をその日に受け取ることができるため、すぐに服用できるというメリットもあります。

かかりつけの医師が近くにいたり、薬局が近くにある場合は通院することで早く手に入れることができるでしょう。

編集部

ただし、夜遅くなると診療時間を逃してしまう可能性があるため、注意が必要です。

オンラインクリニック

直接婦人科に行くのが億劫な方は、オンラインクリニックを利用しましょう。オンラインであれば、自宅にいながら診断してもらえるため、誰かに会うリスクを避けられます。

また、時間帯の融通がきくことが多く、休日夜間でも対応しているクリニックも多くあります。

ピルに関する受診は一目を気にする方も多いため、自宅にいながらの診察は大きなメリットです。

一部の薬局

通常、ピルを購入するには処方箋が必要ですが、厚生労働省は試験的に処方箋なしで購入できるようにする取り組みを始めています。

ただし、まだ始まったばかりであり、対象となる薬局も限られています。

当面の間は、処方箋をもらってから薬局に行ってピルを購入する流れが続く見込みです。

ドラッグストアでは売っていない

ピルは医療用医薬品であるため、ドラッグストアでは販売されていません。

読者

すぐにピルが欲しい!

と思って近所のドラッグストアに行っても、手に入れることはできないことを覚えておきましょう。

海外からの個人輸入は危険

海外製のピルは日本製に比べて安価で販売されているため、安い海外製品を選んでしまう方も多くいるのが現状です。

しかし、海外通販で入手できるピルは、日本未承認で安全性が確保されていない場合が多く、低品質な商品や偽造品に当たる可能性もあります。

編集部

体に関わることですので、医療機関でしっかりと診断を受け、日本で承認されたピルを使用しましょう。

低用量ピルの種類と料金相場

ピルどこで買える_種類

低用量ピルには、さまざまな種類がありますが、数も多いため難しいところです。

まず「相性」とよばれるものがありますが、1シートのうち卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合量が変わらないものが「一相性」といいます。

一方で、1シートのうち2つのホルモンの配合量が異なる2種類の薬がはいっているのが「二相性」3種類の配合量が異なる薬が1シートにはいっているのが「三相性」です。

編集部

さらに、低用量ピルではホルモンの種類によって「第一世代」「第二世代」「第三世代」と部類分けされています。それぞれの特徴と料金相場をみていきましょう。
低用量ピルの種類と料金相場

第一世代

第一世代は、最初に承認されたノルエチステロン使用の低用量ピルです。

「サンデースタートピル」とよばれ、月経開始後の最初の日曜日から服用するピルとなります。

月経中の出血量軽減や月経痛を和らげる効果に優れている低用量ピルです。

ピルの種類:第一世代概要
主な薬の種類 シンフェーズ、ルナベル、フリウェルLDなど
副作用 不正性器出血、悪心、頭痛、浮腫、過敏症、発疹など
料金相場 1,600円〜2,600円

第二世代

第二世代は、第一世代と比較するとエストロゲンが少なくレボノルゲストレルという黄体ホルモンが含まれる低用量ピルです。

不正出血がしにくいのが特徴で、安定した生理周期がつくりやすくなっています。

「ジェミーナ」という薬は、月経困難症の治療薬で第二世代で唯一保険適用です。

ピルの種類:第二世代概要
主な薬の種類 アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、ジェミーナ
副作用 頭痛、下腹部痛、悪心、嘔吐、息切れ、過敏症、発疹、じん麻疹など
料金相場 2,500円〜3,000円

第三世代

第三世代は、デソゲストレル使用の低用量ピルです。

男性ホルモン化作用が少なくニキビや多毛症の効果に期待できます。

ピルの種類:第三世代概要
主な薬の種類 マーベロン、ファボワール
副作用 頭痛、乳房痛、悪心、過敏症、発疹、肝機能異常、性欲低下など
料金相場 2,000円〜3,000円

ピルを購入するならオンラインクリニックがおすすめ

ピル どこで購入できる

低用量ピルを購入するなら、自宅にいながら診断してもらえるオンラインクリニックの利用がおすすめです。

低用量ピルとオンライン診断は相性がとても良く、オンラインならではのメリットがたくさんあります。

ここでは、低用量ピルをオンラインクリニックで購入するメリットを紹介します。

ピルを購入するならオンラインクリニックがおすすめ

自宅で受診でき人目につかない

婦人科外来に行きたいけど、人目が気になりハードルが高く感じる方も多いのではないでしょうか。

オンラインクリニックであれば、自宅にいながら診療してもらえるので、誰にも会わずに診断を受けられます。

低用量ピルを利用したい場面では、あまり人に会いたくない人も多いので、誰にも会わないオンラインクリニックは大きなメリットと言えるでしょう。

移動の手間が発生しない

通院するとなると、その分移動時間がかかります。

さらに、婦人科は混んでいることが多く、大きい病院だと待ち時間が2〜3時間になることもしばしばあります。

オンラインであれば移動の時間もかからず、サービスによっては診断後最短1時間で発送してくれるため、非常にスムーズです。

女性医師を指名できる場合がある

オンラインクリニックによっては、女医を指名できる場合もあります。女性特有の悩みや不安を女性の医師に相談したいという方は多いですよね。

避妊ができるのか、薬の副作用はどれくらい出るのか、不安に感じていることを話しやすい同性の医師に聞いてみましょう。

最短当日にピルを入手できる

低用量ピルは、月経中の症状を和らげてくれる効果にも期待できるため、月経近くになってから欲しい方も少なくありません。

オンラインクリニックであれば、ほとんどのサービスで当日発送・翌日到着で自宅に届けてくれるので安心です。

また、クリニックによってはバイク便などを利用することで、診察の3時間程度で届けてくれるサービスも用意されています。

オンラインクリニックを選ぶ際は、診断後どのくらいの時間で自宅に届けてくれるのかをしっかりチェックしましょう。

ピルを購入するときにおすすめオンラインクリニック

ピル どこで購入できる

ピルを購入するときは、オンラインクリニックを利用するのがおすすめです。

以下で、おすすめオンラインクリニックを厳選して紹介していきます。

クリニックフォア
スマルナ
おうちでクリニック
おうちでクリニック-rogo
DMM
メデリピル
マイピル
エニピル
ピル・オンライン
ケイ・レディースクリニック
Pills U
ネオクリニック
イースト駅前クリニック
ココカラウィメンズクリニック
デイジークリニック
的野ウィメンズクリニック
豊富なピルの種類から選びたい方 料金重視の方 診断は全て専属医師 サポート体制重視な方 産婦人科医に相談したい方 隙間時間に相談したい方 予約いらずで受診したい方 電話で気軽に受診したい方 肌荒れなどの悩みも相談したい方 時間を気にせず診察したい方 緊急避妊を求めている方 最初のコストを抑えたい方 対面でも診察してほしい方 LINEで気軽に利用したい方 様々な診療を行いたい人
ピル代 1日あたり:約90円
診察料
1,650円
送料:550円
低用量ピル
2,783円〜
中用量ピル
5,478円〜

1日あたり:約76円
診察料
1,500円
送料:無料
低用量ピル
2,380円〜
中用量ピル
2,900円〜
1日あたり:約93円
診察料
1,650円
送料:550円
\総合最安値/
1日あたり:約71円
診察料
無料
送料:550円
低用量ピル
2,178 円〜
中用量ピル
3,938円〜
1日あたり:約95円
診察料
無料
送料:550円
低用量ピル
2,970円〜
初診:1,650円
再診:550円(低用量ピル)
送料:550円
低用量ピル
2,690円〜
診察料
2,200円
送料:550円
低用量ピル
2,563円〜
診察料
550円
低用量ピル
2,200円〜
1日約70円
初回診察料
1,000円
2回目以降:処方料220円
低用量ピル
3,300円〜
1日約100円
初回診察料
1,650円
更新時診察料:1,650円(定期は無料)
送料:550円(定期は無料)br
低用量ピル
2,673円〜
1日約86円
診察料
1,000円
再診療:500円
送料:1,000円〜
低用量ピル
2,500円〜
1日約80円
診察料
無料
送料:1,100円
低用量ピル
2,700円〜
1日約87円
診察料
2,200円
送料800円(速達1,500円)
低用量ピル
2,550円〜
1日約82円
診察料
無料
送料:無料低用量ピル
3,850円
1日約124円
初診料
1,100円
再診:550円
遠隔診療システム料:330円
送料:着払いまたは発払い低用量ピル
2,090円〜
\最安値/
1日約68円
翌日配送 最短当日発送 最短当日発送 最短翌日に届く 最短当日発送 最短当日発送 最短当日発送 最短当日発送 最短当日発送 最短当日発送 最短当日発送 最短当日発送 最短翌日発送 ※要問い合わせ ※要問い合わせ ※要問い合わせ
診療時間 8時〜23時
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます。
原則24時間 平日10-19時 平日:8時〜21時45分
休日:8時〜21時
原則10時〜20時45分(日によって変動) 9時〜21時 10時〜24時 9時〜16時 11時〜12時30分、14時30分〜17時20分(日によって変動) 24時間 8時〜20時 ※要問い合わせ 10時〜13時30分
15時30分〜18時30分
10時〜18時 初診:14時30分〜17時
再診:10時〜17時
公式サイト

 

メデリピル

ピルどこで買える_メデリピル

メデリビルの特徴
  • 予約や診察はWebで完結するので簡単
  • 服用後も医師に相談できるので安心
  • 初月はピルが無料
料金 〇診察料:1,650円(税込)
〇ピル代
月額2,970円〜
〇配送料:無料
受付時間 24時間
診察方法 LINE
最短発送日 最短当日配送(翌日到着)

メデリピルは予約から診察までLINEで完結できるので、アプリをダウンロードしたり手続きが簡単なので使いやすいです。

初月はピル代が無料となっているため、

読者

まずは試してみたい

という方にもおすすめできるオンラインクリニックです。

また、Webで予約から診察、決済まで完了する利便性の高さが魅力です。公式LINEから、低用量ピルの服用後に医師に質問や相談ができるため、万が一副作用が出た場合も安心できます。

配送時もプライバシーに配慮して、品名を「雑貨」・依頼主を「同上」として中身が分からない状態で発送してくれます。

定期便だと安心
定期便だと毎月届くため、安心です。おまとめプランなら送料もかからないため、経済的にも優しい!
診察が簡単
処方完了までがラインででき、診療まで簡単に手続きできました。診療が楽なうえに、安心して相談できます。 
診察が丁寧
婦人科通いからオンライン診療に切り替えましたが、診療が親切で安心しました。 

クリニックフォア


クリニックフォアの特徴
  • アプリなしで予約や診察できる
  • 代引きや後払いにも対応可能
  • 最短で当日発送翌日到着
料金 〇診察料:1,650円(税込)
〇ピル代(定期配送)
・マーベロン:2,783円(税込)
・トリキュラー:2,783円(税込)
・ラベルフィーユ:2,783円(税込)
・アンジュ:2,783円(税込)
・ファボワール:2,783円(税込)
・ルナベルULD:9,350円(税込)
・フリウェルULD:6,077円(税込)
・ヤーズフレックス:10,285円(税込)
〇配送料:550円
診療時間 8:00~23:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって異なる場合がございます。
診察方法 ビデオ通話、電話
最短発送日 最短当日到着

クリニックフォアは、全国に9院を展開している利用者満足度95%以上のクリニックで、定期配送を利用すれば15%割引が適用されます。

ピルが届いてからも、生理の管理や服用の管理を受けられるため、サポートも手厚いです。

15歳から診察を受けることが可能で、未成年者も利用しやすい点もメリットです。

待ち時間がない
予約した時間に診察が始まり、スマホがあれば診察を受けられます。非常に便利だと感じました! 
忙しくても安心
電話で診察ができるしピルが郵送で届くので、忙しい私でも利用しやすいです! 
ピルが翌日に届いた
オンライン診療を利用して、翌日にはピルが届きました!素早い対応に感謝です! 

おうちでクリニック

出典:おうちでクリニック

おうちでクリニックでの診断は全て専属医師が行っているので、より安心感を持ってサービスを利用できます。

また、料金があらかじめ明示されているのも安心感のひとつ。薬代(2783円〜)、診察代(1650円)、送料(550円)以外に料金がかかりません。

ピルを使用するなら、プライバシーをしっかり守ってくれたり、信用できる医師かどうかも考慮して決めたいですよね。

編集部

おうちでクリニックは安心感を第一にサービス設計されているので、信頼できる医師に安心感をもって相談したい方にぴったりのサービスです。
料金 2,783円〜
取り扱いピル 超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピル・アフターピル
サービス 最短翌日配送
診療時間 平日10:00~18:45
定期便 あり
送料 550円
診察料 1,650円
おうちでクリニック-オンライン診療予約

DMMオンラインクリニック

ピルどこで買える_DMNオンラインクリニック

クリニックフォアの特徴
  • 診察料が無料!
  • 平日は22時、土日も21時まで営業
  • 最短当日到着!
料金 〇診察料:無料
〇ピル代(定期配送)
・ラベルフィーユ:2,673円(税込)
・フォボワール:2,673円(税込)
・シンフェーズ:2,783円(税込)
・トリキュラー:2,783円(税込)
・アンジュ:2,783円(税込)
・マーベロン:2,783円(税込)
・フリウェル配合錠ULD:3,278円(税込)
・ドロエチ配合錠:5,258円(税込)
・ルナベル配合錠ULD:7,458円(税込)
・ヤーズ配合錠:9,658円(税込)
・ヤーズフレックス配合錠:10,538円(税込)
〇配送料:550円
診療時間 〇平日8:00~22:00 〇土日祝8:00~21:00
診察方法 ビデオ通話
最短発送日 最短当日配送(翌日到着)

DMMオンラインクリニックの最大のメリットは、診察代が無料で薬代と配送料だけで低用量ピルがお得に手に入ることです。

バイク便を利用すれば最短3時間で届くため、

読者

急ぎでピルが必要

というときでも安心です。

また平日は22時まで、土日も21時まで診察可能なので仕事が忙しくて日中時間が取れない人でも安心して受診できるでしょう。

かなりスピーディー
カウンセリングは5分、診察は10分でスムーズでした!
価格面でも安心
ちゃんと事前に価格が提示され、相談できるので安心して受診できる
ピルが当日に届いた
診療を受けた後、当日にピルが届いたので、その日から服薬できました!

エニピル(AnyPill)

ピルどこで買える_エニピル

クリニックフォアの特徴
  • 夜間もOK!24時間診察対応
  • 即日診察可能で予約不要
  • 割り込み診察ができる
料金 〇診察料:2,200円(税込)
〇ピル代(定期配送)
・ファボワール:2,563円(税込)
・ラベルフィーユ:2,563円(税込)
・トリキュラー:2,563円(税込)
・シンフェーズ:2,563円(税込)
・アンジュ:2,563円(税込)
・マーベロン:2,563円(税込)
・ルナベル配合剤LD:8,140円(税込)
・フリウェル配合錠LD:3,663円(税込)
〇配送料:550円
診療時間 年中無休
診察方法 電話
最短発送日 最短当日配送(翌日到着)

エニピルは24時間365日診察を受けることができ、最短10分でピル処方をしてくれるオンラインクリニックです。

また、緊急度が高いと判断されると優先的に診察を受けられるので安心です。

前日15時までに処方が完了すれば、最短翌日に届けてくれるスピード感が大きな魅力です。

ピルの処方を受けた後も、不明点はいつでも相談できるサポートを利用できます。

月3000円程度で頼める
月3000円程度でピルが買えるので、経済的にも負担が軽いです!
翌日に届いた
オンライン受診後、翌日にピルが届きました。すぐに対応してくれてありがたいです。
チャットで簡単
医師とチャット診察して、電話で決済すればピルが届きます。 

 

デリピル

ピルどこで買える_メデリピル

メデリビルの特徴
  • 予約や診察はWebで完結するので簡単
  • 服用後も医師に相談できるので安心
  • 初月はピルが無料
料金 〇診察料:1,650円(税込)
〇ピル代
月額2,970円〜
〇配送料:無料
受付時間 24時間
診察方法 LINE
最短発送日 最短当日配送(翌日到着)

メデリピルは予約から診察までLINEで完結できるので、アプリをダウンロードしたり手続きが簡単なので使いやすいです。

初月はピル代が無料となっているため、

読者

まずは試してみたい

という方にもおすすめできるオンラインクリニックです。

また、Webで予約から診察、決済まで完了する利便性の高さが魅力です。公式LINEから、低用量ピルの服用後に医師に質問や相談ができるため、万が一副作用が出た場合も安心できます。

配送時もプライバシーに配慮して、品名を「雑貨」・依頼主を「同上」として中身が分からない状態で発送してくれます。

定期便だと安心
定期便だと毎月届くため、安心です。おまとめプランなら送料もかからないため、経済的にも優しい!
診察が簡単
処方完了までがラインででき、診療まで簡単に手続きできました。診療が楽なうえに、安心して相談できます。 
診察が丁寧
婦人科通いからオンライン診療に切り替えましたが、診療が親切で安心しました。 

クリニックフォア


クリニックフォアの特徴
  • アプリなしで予約や診察できる
  • 代引きや後払いにも対応可能
  • 最短で当日発送翌日到着
料金 〇診察料:1,650円(税込)
〇ピル代(定期配送)
・マーベロン:2,783円(税込)
・トリキュラー:2,783円(税込)
・ラベルフィーユ:2,783円(税込)
・アンジュ:2,783円(税込)
・ファボワール:2,783円(税込)
・ルナベルULD:9,350円(税込)
・フリウェルULD:6,077円(税込)
・ヤーズフレックス:10,285円(税込)
〇配送料:550円
診療時間 8:00~23:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって異なる場合がございます。
診察方法 ビデオ通話、電話
最短発送日 最短当日到着

クリニックフォアは、全国に9院を展開している利用者満足度95%以上のクリニックで、定期配送を利用すれば15%割引が適用されます。

ピルが届いてからも、生理の管理や服用の管理を受けられるため、サポートも手厚いです。

15歳から診察を受けることが可能で、未成年者も利用しやすい点もメリットです。

待ち時間がない
予約した時間に診察が始まり、スマホがあれば診察を受けられます。非常に便利だと感じました! 
忙しくても安心
電話で診察ができるしピルが郵送で届くので、忙しい私でも利用しやすいです! 
ピルが翌日に届いた
オンライン診療を利用して、翌日にはピルが届きました!素早い対応に感謝です! 

おうちでクリニック

出典:おうちでクリニック

おうちでクリニックでの診断は全て専属医師が行っているので、より安心感を持ってサービスを利用できます。

また、料金があらかじめ明示されているのも安心感のひとつ。薬代(2783円〜)、診察代(1650円)、送料(550円)以外に料金がかかりません。

ピルを使用するなら、プライバシーをしっかり守ってくれたり、信用できる医師かどうかも考慮して決めたいですよね。

編集部

おうちでクリニックは安心感を第一にサービス設計されているので、信頼できる医師に安心感をもって相談したい方にぴったりのサービスです。
料金 2,783円〜
取り扱いピル 超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピル・アフターピル
サービス 最短翌日配送
診療時間 平日10:00~18:45
定期便 あり
送料 550円
診察料 1,650円
おうちでクリニック-オンライン診療予約

DMMオンラインクリニック

ピルどこで買える_DMNオンラインクリニック

クリニックフォアの特徴
  • 診察料が無料!
  • 平日は22時、土日も21時まで営業
  • 最短当日到着!
料金 〇診察料:無料
〇ピル代(定期配送)
・ラベルフィーユ:2,673円(税込)
・フォボワール:2,673円(税込)
・シンフェーズ:2,783円(税込)
・トリキュラー:2,783円(税込)
・アンジュ:2,783円(税込)
・マーベロン:2,783円(税込)
・フリウェル配合錠ULD:3,278円(税込)
・ドロエチ配合錠:5,258円(税込)
・ルナベル配合錠ULD:7,458円(税込)
・ヤーズ配合錠:9,658円(税込)
・ヤーズフレックス配合錠:10,538円(税込)
〇配送料:550円
診療時間 〇平日8:00~22:00 〇土日祝8:00~21:00
診察方法 ビデオ通話
最短発送日 最短当日配送(翌日到着)

DMMオンラインクリニックの最大のメリットは、診察代が無料で薬代と配送料だけで低用量ピルがお得に手に入ることです。

バイク便を利用すれば最短3時間で届くため、

読者

急ぎでピルが必要

というときでも安心です。

また平日は22時まで、土日も21時まで診察可能なので仕事が忙しくて日中時間が取れない人でも安心して受診できるでしょう。

かなりスピーディー
カウンセリングは5分、診察は10分でスムーズでした!
価格面でも安心
ちゃんと事前に価格が提示され、相談できるので安心して受診できる
ピルが当日に届いた
診療を受けた後、当日にピルが届いたので、その日から服薬できました!

エニピル(AnyPill)

ピルどこで買える_エニピル

クリニックフォアの特徴
  • 夜間もOK!24時間診察対応
  • 即日診察可能で予約不要
  • 割り込み診察ができる
料金 〇診察料:2,200円(税込)
〇ピル代(定期配送)
・ファボワール:2,563円(税込)
・ラベルフィーユ:2,563円(税込)
・トリキュラー:2,563円(税込)
・シンフェーズ:2,563円(税込)
・アンジュ:2,563円(税込)
・マーベロン:2,563円(税込)
・ルナベル配合剤LD:8,140円(税込)
・フリウェル配合錠LD:3,663円(税込)
〇配送料:550円
診療時間 年中無休
診察方法 電話
最短発送日 最短当日配送(翌日到着)

エニピルは24時間365日診察を受けることができ、最短10分でピル処方をしてくれるオンラインクリニックです。

また、緊急度が高いと判断されると優先的に診察を受けられるので安心です。

前日15時までに処方が完了すれば、最短翌日に届けてくれるスピード感が大きな魅力です。

ピルの処方を受けた後も、不明点はいつでも相談できるサポートを利用できます。

月3000円程度で頼める
月3000円程度でピルが買えるので、経済的にも負担が軽いです!
翌日に届いた
オンライン受診後、翌日にピルが届きました。すぐに対応してくれてありがたいです。
チャットで簡単
医師とチャット診察して、電話で決済すればピルが届きます。 

オンラインクリニックでピルが処方されるまでの流れ

ピル どこで購入できる

オンライン診断を利用したことがない人にとっては、どのような流れで診断から処方まで行うのか、イメージしづらい方も多いのではないでしょうか。

ここでは、クリニックの予約からピルを入手するまでの流れを解説していきます。

オンライン診断は事前準備がいくつか必要なため、利用する前に流れをイメージしておけば、よりスムーズに診断を受けられるでしょう。

WEBかアプリでオンラインクリニックを予約

まずは、診断を受ける日にちをWebサイトかアプリで予約します。

予約する際は、ユーザー登録が必要なので、忘れずに登録しておきましょう。

加えて、事前に問診票を書く場合もあります。当日の伝え漏れを防ぐためにも、しっかりと整理して書いておきましょう。

診察を受ける

予約時間になったら、クリニックが用意するビデオ通話等で診断を受けます。どの方法で通信するかはクリニックによって異なり、専用アプリを使うところもあれば、zoomやLINEなど、外部ツールを用いることもあります。

当日に慌てないよう、どのように診断が行われるかはあらかじめ確認しておきましょう。

サービスによっては、音声のみの診断もありますが、しっかりと顔を見て診断してもらう方法が推奨されています。

安心感をもって服用するためにも、なるべくビデオ通話がおすすめです。

ただし、どうしても顔出しはしたくない方は、音声のみで対応してくれるクリニックを選びましょう。

ピルが自宅に配送される

診断後、決済が終わると事前に登録しておいた住所までピルが発送されます。

多くの場合、プライバシーの観点から低用量ピルとわからないような梱包してくれるので安心です。

必要に応じてアフターフォローを受ける

低用量ピル服用後は、副作用が強く出る場合があります。症状は人によって異なり、多くの場合は出血や、吐き気、眠気などが現れます。

身体を安静にしておくことで24時間以内に収まることがほとんどですが、症状が治らなかったり、その後の経過に不安を感じたら、必要に応じてアフターフォローを受けましょう。

また、3週間経っても生理が来なかった場合は避妊がうまくできなかった可能性があります。妊娠検査薬で確認後、早めに婦人科へ受診しましょう。

ピルを飲むときの注意点

低用量ピルを飲む際は、お茶か水で服用して下さい。

処方されるピルによって服用方法が異なる場合があるため、正しい服用方法をしっかり確認しておきましょう。

また低用量ピルの副作用として吐き気が起こることがありますが、服用後2時間以内に吐いてしまうと薬の成分ごと吐き出してしまう可能性があります。そのため、吐き気を感じてもなるべく吐かないことが理想です。

編集部

もし不安であれば、吐き気止めを一緒に処方してもらうと良いでしょう。

ピルがどこで購入できるかに関するよくある質問

ピル どこで購入できる

ここでは、低用量ピルを購入する際によく出てくる質問をピックアップしました。

もしものために、しっかりと疑問点は解消しておきましょう。

ピルがどこで購入できるかに関するよくある質問

ピルは薬局やドラッグストアで購入できる?

ピルは、基本的に処方箋がなければ購入できません。

薬局やドラッグストアで市販されているものがあっても、本当に低用量ピルであるかが不明です。処方箋なしでドラッグストアや薬局で購入するのは、基本的に避けましょう。

ピルを買うおすすめの方法は?

ピルを買うなら、オンラインクリニックで処方してもらうのがおすすめです。オンラインであれば待ち時間はほぼなく、すぐに診断してくれる上に最短当日発送、場所によっては当日受け取りが可能です。

低用量ピルは、少しでも月経症状を解決したい方や避妊目的で利用する方が多いでしょう。

オンラインクリニックを利用して、早めに服用できれば、その効果を最大限に発揮できます。

通販でピルを購入できる?

低用量ピルは、国によって通販で購入できる場合があるので、通販で取り扱っているところを見かけたことがあるかもしれません。

しかし、低用量ピルの通販での購入は、危険と隣り合わせの行為です。

低用量ピルを通販で買う場合は個人輸入の扱いになるので、何かあっても完全に自己責任です。販売されている薬が本物かどうかわかりませんし、重い副作用がでてしまっても、国の救済措置が適用されない場合があります。

また、海外から取り寄せる場合はその分時間もかかり、デッドラインである72時間を超える可能性があります。

編集部

低用量ピルは通販では購入せず、医療機関で処方してもらったものを服用しましょう。

ピルを服薬中に生理が来たらどうしたら良いですか?

低用量ピルは原則として生理初日から服用を始めます。

生理初日から服用を始めた場合は、その日から避妊効果を得ることが可能です。

しかし、産後の方や生理不順の方の場合は生理を待たずに服用することも少なくありません。

そういったときに途中で生理がきたら、基本的にはそのまま医師の指示のもと飲み続けますが、念のため相談しておくと安心です。

ピルは保険適用?

ピルは、「治療目的」ではないため、自由診療の扱いになり保険適用外です。保険が適用されないため、全額自己負担となります。

しかし、月経困難症などと診断を受けた場合は保険適用です。

少しでも費用を抑えたい方は、オンラインクリニックを利用するのがおすすめです。オンラインであれば通院までの交通費を削減できる上、サービスによっては診療代がかからず、薬代だけ支払いすれば良いものもあります。

一度でもピルを服用したら、将来妊娠しづらくなる?

避妊薬を飲んでしまったら、将来の妊娠に影響が出てしまうのではないかと不安に思う方もいますよね。

結論から言うと、低用量ピルを服用することで将来妊娠しづらくなることはありません。

「ピルを飲んだら将来妊娠できない」と噂になっていることもありますが、クリニック側ではピルの服用期間によって左右されるものではないと否定しています。

そのため、低用量ピルは服用期間に限らず服用をやめても「妊娠しにくい体にする」ものではないことを認識しておきましょう。

ピルを飲むと肌が荒れやすくなる?

低用量ピルの副作用として、肌が荒れやすくなる場合があります。

これは、低用量ピルに含まれているホルモンが体に影響を与えているためです。個人差はありますが、通常は数ヶ月で他の副作用とともに治ってきます。

ピルは薬局で買えないのはなぜですか?

低用量ピルは、医師の診察のもとにだされる「処方箋」が必要となる「医療用医薬品」に該当します。

アフターピルであれば、現在一部の薬局にて処方箋があれば購入可能です。

しかし、アフターピルであってもオンラインクリニックや婦人感などの受診は必ず必要なため、販売はしていますが処方箋なしでの購入はできません。

また、低用量ピルの場合は現在薬局で購入することはできないため、クリニックへ受診しましょう。

ピルが合わない場合、どうしたらいいですか?

低用量ピルは、人によって副作用がでることもあり、その症状は人それぞれ異なります。

副作用の場合は3シートほど飲み続ければ改善されることが多いですが、場合によってはピルの種類を変更することで改善することも少なくありません。

もし副作用が心配で低用量ピルを服用するのが不安な方は、医師に不安な気持ちをしっかりと話し、服用方法等を一緒に相談することをおすすめします。

また、副作用は我慢せずに症状が重い場合や長引く場合は早い段階で医師に相談しましょう。

ピルの副作用では、どのような症状が出ますか?

低用量ピルは、一時的にホルモンバランスを大きく変化させるので、副作用が強く出る場合があります。

副作用として一般的な症状に吐き気があります。

万が一吐いてしまうと、低用量ピルの成分も一緒に吐き出してしまうこともあるので、不安な方は吐き気止めを一緒に服用してもらいましょう。

ほかにも少量の出血、吐き気、肌荒れ、倦怠感、眠気などがあります。

数ヶ月経てばこれらの症状は治ってきますが、あまりにも強く症状が出る場合は医師に相談しましょう。

ピルがどこで購入できるかまとめ

ピル どこで購入できる

低用量ピルは、婦人科かオンラインクリニックで処方してもらうことが一般的です。婦人科であれば対面で診察を受け、処方箋をもらってから薬局で購入します。

一方、オンラインクリニックであれば自宅から診察を受けられる上、そのまま薬を自宅まで配送してもらえます。誰にも会いたくない人や、通院する時間がない人におすすめです。

ドラッグストアでは販売されておらず、海外通販になると個人輸入の扱いになり、危険性が高くなるので推奨されていません。

アフターピルの販売はされていますが、処方箋が必要で低用量ピルの販売はしていないので注意が必要です。

また、低用量ピルは副作用が生じることもあるので、いつでも相談できるオンラインクリニックが最もおすすめでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です